境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

マンマ・ミーア

 「マンマ・ミーア」、観てきました。舞台もよかったけれど、映画はまた格別でした。中年パワーが炸裂、泣いて笑って元気が出る映画、おすすめです。

 主演・怪演のメリル・ストリープ、「ソフィーの選択」以来のファンですが、ちょっと太めで登場。歌って踊って、さすがでした。



 また昨日は、すき間の時間で「マルタのやさしい刺繍」を観てきました。スイスの美しい超保守的な小さな村で、なんとランジェリーショップを開いてしまった、おばあちゃんの話。こちらは、中年どころか、老人パワー爆発、痛快!!!

 

 美しいスイスの村の風景も心にしみましたし、ランジェリーの柔らかな、魅惑的な数々にため息がでました。かゆくなるので、下着のレースは大の苦手なのですが、とても素適、「着心地がよさそう」と思えました。



 

スポンサーサイト

| ・映画 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚がいた教室

映画「豚がいた教室」を観てきました。

すごく面白かった。子どもの思いに、たくさん感動し、泣きました。

昔、子どもたちに命を食べていることを教えたくて、ニワトリやウサギを飼い、絞めて、食べました。そんな思いは子どもにも周りの人たちにショックだけを与え、よきものは何も伝わらないように思え・・・空回りしていました。

この映画、子どもたちが、自分の思いを率直に発言し、教師は見守るといったスタンスがすごいと思いました。「これが正しい」「真実はこれだ」「現実は・・」的な押し付けを、いつもしていた子育てでした。家庭でこうですから、学校ではなおのこと、忙しい、忙しいで、子どもたちを信じて、子どもたちの発言を尊重するなんて、なかなかできないだろうと想像します。それだけに、奇跡のように素晴らしい教師、生徒たちでした。

最後に、豚って、色っぽいですよ。

| ・映画 | 06:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いのちの食べかた





「すごい映画を観ました。ナレーションもバックミュージックもなく、ただ淡々と人間が食べている牛や豚、鶏、魚が、どのように育てられ、食卓に届けられているかが、撮影されています。



野菜もまったく同じようです。つまり、大規模に栽培・飼育され、オートメーションで超清潔に扱われています。



きっと食中毒は起きないでしょう。でも、この映像で映し出された牛や豚、鶏、魚たちは、アウシュビッツ収容所の囚人たちを思い起こさせます。



だから、これでいいのかなと考えさせられます。土の上を走り回り、臭いフンや尿をしていた牛や豚、鶏のほうがまともではないのかと、わたしには思えるのです。



人間は無菌では生きられないと思えます。この映画を観て「ああよかった。清潔に作られているから安心だわ」と思うか、「こんなのは食べものではない」と思うか、あなたは、どちらですか?」



いのちの食べかた - goo 映画




goo 映画
goo 映画

| ・映画 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |