境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が家の放射性物質測定

福島市飯野町の除染作業がすべて終わり、6月には最終の測定を福島市が行うようです。
福島市では、家、庭、土手、裏山も除染の対象で、全体的にみればかなり下がりました。
しかし、除染が汚染後数年を過ぎていたこともあり、地中に深くしみ込んでしまった箇所もありました。とりわけ、山の斜面下に高い部分があり、深く掘る必要がありました。
我が家の線量がどんなになったか、調べてみました。
座敷は、この線量計に見られる通り、0・1μ㏜/h前後ですが、畑は0・25、駐車場は0・2、とまだまだ高いです。
しかし、畑で採れる作物は、いまだに「検出されず」です。フキもタケノコも、梅も収穫できるのは、本当にありがたいことです。

2017年5月31日 線量測定
スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家の線量マップ

安斎郁郎氏らの「福島プロジェクト」による測定が、7月21日に行われました。
我が家の庭、畑、山の測定をしてもらいました。
また、それに続いて、集まった方々の様々な質問に、答えていただきました。0812畑
0812.jpg
山を背負っている我が家ですが、ホットスポットはやはりありました。山の下の部分の畑は、1μ㏜を超えていました。
他のところの畑はおおむね0.3以下、庭は0.2~0.3.山の中も0.3程度。
(それでも、生産物は検出せずなんですから、驚きます)
雨などで下に落ちてきて溜まったセシウムが、腐葉土の部分に蓄積しているとのことでした。
そこを10センチ深く掘り、取り除けば、下がるとのことです。
孫たちが遊ぶなら、畑や山は30分程度にするなど、具体的なアドバイスももらいました。
我が家の山の除染は10月の予定ですが、表面を削るだけとのこと。
このホットスポットを取り除く除染をしていただけるのかはわかりません。
孫たちは、家の中にいるだけでなく、外で遊ばせることが、子供の発達にも大切とのことですが、
さて、娘たちはどんな選択をするか!?

| ┗放射能汚染 | 04:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

除染されていない裏山で収穫

ハチクとフキが採れる季節
採ってすぐに調理するから、美味しさは格別です
左は、ウドの若芽

0528タケノコ
フキは、大量に採れるので、線量を測りました。
ゆでたもので31ベクレルでした。
もう1回ゆでて、皮をむいて食べます。
人には、食べさせたくないし、まして子供には食べさせたくないですね

0528huki.jpg

0528てんぷら

| ┗放射能汚染 | 04:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カブレ菜、検出せず

山に近いところは、除染後でも0.6~0.8μ/㏜もあります
その近くのカブレ菜が超おいしそうなのですが、測ってからでないと食べられない
今日測定してもらいました。
「検出せず」でした。
DSC_1584カブレナ2
カブレナDSC_1582
スズラン水仙が咲きだしました
スズラン水仙

| ┗放射能汚染 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪の片づけ

サンシュユが黄色の花を咲かせた。山は春

DSC_1562さんしゅゆ
5年前、山のように積み上げていた薪が放射性物質により汚染
囲炉裏の線量が高くて、すべて捨てた!
あの日から、囲炉裏では炭しか燃やしていない。
敷地の隅にブルーシートをかぶせてあったため汚染を免れた薪の山があった。
でも燃やす気にならなかった
5年たち、ようやく燃やしてみようと思い、ブルーシートを外して、積みかえた。
かなり腐っていて、ほとんど土になっているものもあった

DSC_1557maki2.jpg

DSC_1565-1maki3.jpg

| ┗放射能汚染 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT