境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETV特集「事態を侮らず 過度に恐れず~“福島プロジェクト”の挑戦~」再放送決定!!

NHK Eテレ特集 再放送
11月28日 深夜24~25時

「事態を侮らず 過度に恐れず~“福島プロジェクト”の挑戦~」

毎月福島に通って、不安を拭えない住民の依頼で放射線を測定、専門家の視点からアドバイスを続けている人たちがいる。科学者とエンジニアで結成したボランティア集団「福島プロジェクト」。

リーダーは安斎育郎さん(76)、反原発の論客として知られた放射線防護学者である。「福島プロジェクト」の基本方針は「事態を侮らず、過度に怖れず、理性的に向きあう」。彼らの活動を追いながら、事故から5年半経った福島の現実を描く。

【出演】立命館大学名誉教授…安斎育郎,【語り】濱中博久

番組の詳しい情報サイトはこちらから

スポンサーサイト

| ┗福島原発 | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

汚染水漏れ

汚染水漏れ「開閉レバー」現場放置 東京電力、管理不備認める

 東京電力福島第1原発の地上タンクから約100トンの汚染水が漏れた問題で、東電は24日、タンクにつながる配管の弁を開閉操作するレバーを現場に放置したまま管理していたことを明らかにした。レバーは社員だけが使用できる取り決めだったが、実際は社員に限らず弁を開閉操作できる環境で、東電は管理体制の不備を認めた。
 東電によると、レバーは複数あり、配管の付近にまとめて置くなどして管理していた。東電がタンク関連業務に携わる社員、協力企業の作業員らを対象に進めている聞き取り調査では、漏えいが発覚した19日に通常は置かれていないはずの配管の上でレバーを見つけたとの証言もあった。レバーは既に現場から回収している。東電は「社員だけでなく、結果的に誰でも使用することができた」と説明。今後、管理方法を見直す方針。
(2014年2月25日 福島民友ニュース)
*****************
何度も繰り返される汚染水漏れ、
人的なミスとされることが多くなってきた
とりあえず、犯人を作っておけ
そうすれば、原発は制御できるものと
多くの人が思うだろう
などと考えているせいか?!

| ┗福島原発 | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島第1原発、廃炉に向けた作業

共同通信加盟各社の論説担当者でつくる論説研究会は14日、

廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第1原発を視察した

東日本大震災から2年3カ月たったが、原子炉建屋のがれき撤去や、増え続ける汚染水に対応するためタンクの増設作業が進められていた。

海からの霧で周囲がかすむ中、3号機原子炉建屋の上部では、遠隔操作の無人重機が水素爆発で壊れた建屋のがれきを取り除いていた。隣の4号機では使用済み核燃料プールから燃料を取り出す装置の骨組みが完成、燃料をつり上げるクレーンの取り付け作業が進む。

第1原発正門脇のエリアには、汚染水をためるタンクが林立している。

(2013年6月14日)
***************
汚染水が入れられたタンクが溜まるばかり
汚染水をきれいな水にすることもできない!
これから始まる我が家の除染、
土をはぎ取るというけれど、大事にしてきたハナカツミやシャガ、ワレモコウ、彼岸花など、
たくさんの野草たちはどうなるの、全部採らないと、線量は下がらないのか・・・
孫たちのためには、根こそぎ取った方がいいのか?!

| ┗福島原発 | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島原発の今がわかりやすい

PK2013051802100077_size0.jpg

**************
この図は東京新聞にあったもの。
4基の原発の状況がよくわかります。

| ┗福島原発 | 04:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東電、汚染水6百トン消える

福島原発、汚染水6百トン消える 東電は大量漏えいを否定


東京電力福島第1原発の地下貯水槽から放射性物質に汚染された水が相次いで漏れた問題で、東電は地下貯水槽にあった汚染水の総量を現在約2万3千トンとしているが、漏えいを最初に確認した直後に示した総量は約2万3600トンだった。約600トンがどこかに消えたことになるが、東電は「計測機器の誤差の範囲」と説明している。

どこかの貯水槽から大量に水が流出した可能性はないのか。東電は「外部に流出した明確な兆候はない」と、大量漏えいを否定している。

(2013年4月18日)
******************
600トンが誤差範囲という東電、
バケツ1ぱいとか、たらい1ぱいじゃあありませんよ!
そんな計測機器しか使っていないのか?
600トンの垂れ流しくらいはゆるせということか?

今ある原発をボロでも何でも維持して、発電したい
収束には、お金も人もかけずにやりたい
都合の悪いことは闇に葬って、こっそりやりたい

原発は、田舎ではなく、やはり東京のお膝元に作るべきなのですね。
福島県民をバカにしている!!!

| ┗福島原発 | 05:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT