境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニンジンジュースはガンに効くのか

星野先生と出会ったのは、「無農薬の野菜が欲しい」として我が家を訪ねてこられたときから。
ガンと食事療法で闘っておられるのことをしりました。
現職の医者が、医療で治せないガンを野菜で治す???
最初は興味から、長時間にわたって話を聞き、ゲルソン食が効くことを確信しました。

その後、膠原病と診断されたときに、食事療法で治す決心をしました
また。父が「肝臓がんの末期、余命2週間」と診断され、ただちにゲルソン食を始めました。
ニンジンジュース1日2リットルを目標に、先ずそれだけを飲みました。
なんと、3日目に店に出て商売を始めたのには驚きました。
その後、2ヶ月目からはニンジンジュース1日1リットルにしました

父は、その後4年生きて、最後まで店を続け、入浴中に永眠しました。(病名は急性心停止 84歳)
その星野先生の講演会を計画しています。
多くの方に聞いてもらいたいと思っています。
ニンジンジュースの作り方の実演、試飲もあります


日時:5月28日午後13時~
場所:SDA福島キリスト教会 ☎024-557-5532
演題:ゲルソン療法でガンと放射能と闘う
星野仁彦プロフィール:精神科医師、医学博士、福島学院大学大学院教授、副学長
参加費:4回分で500円



スポンサーサイト

| 健康情報 | 06:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーブ、サプリメントによる健康被害

健康食品との因果関係が疑われる健康被害
発行:国立健康・栄養研究所 情報センター 健康食品情報研究室
http://hfnet.nih.go.jp/notes/detail.php?no=1258
*************
体調が悪いので、勧められるままにサプリメントやハーブ茶を服用していませんか?
自然のものだから、安心
副作用がないから安心
ではありません。
体調の悪さは、もしかしたら、毎日服用しているサプリメントやハーブ茶かもしれません

| 健康情報 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市販のエゴマ油の品質や表示に疑わしいものがありました。

見た目だけでは分からない、えごま油の品質
国民生活センターから

「えごま」はシソ科の植物で、えごま油はその種子から搾られた、α-リノレン酸を豊富に含む油です。近年、「アレルギー疾患を改善する」、「がんの発生を抑制する」、「高血圧を予防する」などと言われ(注1)、テレビや雑誌等のメディアでしばしば取り上げられています。

 PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワーク・システム)(注2)には、えごま油に関する相談が、2010年度以降2015年11月末までの5年間あまりで179件(注3)寄せられており、2015年度に入ってその件数は急激に増加しています。

 今年度に入り複数の消費生活センターから、購入したえごま油の色やにおいがおかしいため、えごま油であるか調べてほしいという依頼が当センターへ寄せられ、調べたところ、いろいろな機関等で調べて公表されているえごま油とは脂肪酸の組成が大きく異なるものがあり、純粋なえごま油であるか疑わしいものがありました。

 そこで、市販のえごま油20銘柄の品質や表示について調査し、消費者に情報提供することとしました。

(注1)国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(法人番号9120905002657)「健康食品」の安全性・有効性情報「α-リノレン酸」
(注2)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワーク・システム)とは、国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのことです。
(注3)2015年11月末までの登録分。件数は本公表のため特別に事例を精査したものです。なお、本報告書中の事例の分析についても、本公表のために特別に精査したものです。

 
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160128_1.pdf
*******************
 がん患者が唯一使ってもよい油、健康に良い油として、有機農業者が栽培して絞った油を購入したりしていましたが、クセのある匂いなどが、どうも苦手でした。ただ、韓国に暮らす長女から届くエゴマ油は、アンドンで畑を作る両親が栽培し、知り合いに絞ってもらっている油ですが、あまり強くない香りとクセのない油です。何が違うのか??
 韓国では、エゴマの葉が広範な料理に使われていますし、すったエゴマも一般的に家庭の食卓にのっています。幼い孫たちも、ドングリのドトリムックやすったエゴマで和えた豆もやしが大好物です。健康的な食卓が健在だなと,いつも考えさせらえています。

| 健康情報 | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「健康食品」の安全性・有効性情報ネット

「健康食品」の安全性・有効性情報ネットからのお知らせ(2016.2.1)
発行 :国立健康・栄養研究所 情報センター 健康食品情報研究室
Facebook、Twitterを始めましたので、是非、ご覧ください。
公式Facebookページ→ http://www.facebook.com/hfnet2015
Twitterアカウント→ @hfnet2015
(独) 国民生活センターが公表した、 えごま油の品質や表示に関する調査結果も見ることができます。

| 健康情報 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真夜中のつまみ食い

真夜中のつまみ食いは記憶を切り刻む

ときどき夜中にターキーの食べ残しをつまんでも、特に害はないと思うかもしれないが、マウスを用いた実験で、それが習慣化すると脳の機能に悪い影響を与えるかもしれないことが報告された。米国カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)からの報告。

・・・続きはこちら↓
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=52527&-lay=lay&-Find
****************
クリスマスと正月がなければ、もっと日本人は健康になれる
と言った甲田光雄医学博士の言葉を思い起こします。
でも、クリスマスと正月がないと、味気ないよね

| 健康情報 | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT