境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の虫 踏むなせっかく 生きてきた

小学生俳人の 小林凛君
(和氣幸史郎 staramaterasu88@gmail.com 様からのメッセージより)

(1)“生きる希望は俳句を詠むこと”: そう綴る少年の俳句集が、 いま静かな感動の輪を広げている。 小林凛という俳号を持った少年は、 現在11歳。 小学3年生のときに初めて朝日新聞の名物投稿コーナー「朝日歌壇」に応募した「紅葉で 神が染めたる 天地かな」という句が大人に交じって入選。 その後も入選を繰り返し、 “天才児があらわれた”と評判を呼んだ。 

(2)他の句: 「いじめられ 行きたし行けぬ 春の雨」 不登校の少年。 生きる希望は俳句を詠むこと。 春夏秋冬を詠んだ瑞々しい俳句とともに、 学校でいじめを受け、 不登校の生活を送っている。

→ 国の根本で、 この闇の深さを感じている輩は一人も存在しない。 従い、 改善などあり得ない。

(3)いじめは小学1年のころからはじまった。 低体重で生まれ、 幼稚園の卒園時には体格も平均に追いついたそうだが、 脚力や腕力は弱かった。 本人の証言によれば、 「からかわれ、 殴られ、 蹴られ、 時には“消えろ、 クズ!”とののしられた。 それが小5まで続いた」という。

→ いじめが“小5まで続いた” - 担任の先生も、 学校関係者も“いじめ”を知らない筈はない。 これが今の日本の社会であることを認知する必要がある。

(4)更に、 他の句。: 「いじめ受け 土手の蒲公英 一人つむ」 俳句で思いを表現するようになったのは、 幼稚園のとき。 母の史さんによれば「私や祖父母から、 俳句を教えたことはない」らしく、 テレビや絵本で俳句に出会ったそうだ。 同級生の女の子や保護者からいじめの実態を知らされたのは、 小学校に入学して間もなくの頃。 家族が学校に訴えてもとりつく島もなく、 2年生になってからも危険ないじめ行為が続き、 「自主休学」という選択を選んだという。

→ ここでも、 日本社会の縮図・学校の実体が窺がえる。

(5)そんな日々のなかでも、 凛くんは俳句をつくり続けた。 「影長し 竹馬のぼく と ピエロかな」「ブーメラン 返らず蝶と なりにけり」「万華鏡 小部屋に上がる 花火かな」(いずれも朝日歌壇で入選した作品)。 あるとき、 学校に俳句を見せたところ、 教師は「俳句だけじゃ食べていけませんので」と話し、 また別の教師は「おばあちゃんが半分作ってるのかと思っていました」と言ったという。

→ ここにも、 心に響かない教師の実体が窺がえる。

(6)ともに暮らす母と祖母は、 出来上がった俳句がたとえ駄作でも「秀作!」と褒め、 手を取り合って“喜びのダンス”を踊る。 「物心つくころから他の子よりもできないことの多い自分を感じている凛には、 他から認められることが何よりの教育」と考えているからである。 学校に期待できない以上、 子どもを守り、 感性をはぐくむのは家族しかいない。 「僕を支えてくれたのは、 俳句だった」と少年が綴る言葉には、 家族がいじめの対応を考えるときの、 ひとつのヒントがあるように思える。

(7)更に、 他の句。: 「春の虫 踏むなせっかく 生きてきた」。 凛くんが8歳のときに詠んだ俳句。 「願わくば、 いつか凛が教育現場で尊敬する“師”に出会ってくれる日の来ることを願う」と、 お母さんも物語っておられる。 

→ 凛くんは、 尊敬できる大人に成長されることと思う。 また、 今いじめと闘う子どもたちや親たちに「凛くんのメッセージ」が届くことを願う。
スポンサーサイト

| 教育 | 04:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中~高強度の運動を行っていた子どもは学力が高い

理系女子は運動で作れ!

10代のはじめに中~高強度の運動を定期的に行っていた子どもは学力が高くなり、とくに女子は運動量と理科の成績が比例していたのだという。英国ストラスクライド大学の研究。

・・・続きはこちら↓
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=42081&-lay=lay&-Find

| 教育 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事も通学もしていない「ニート」は12年に63万人


子ども・若者白書:15〜34歳の「ニート」は63万人

毎日新聞 2013年06月18日 15時17分

 政府は18日午前、2013年版「子ども・若者白書」を閣議決定した。15〜34歳の若者で、仕事も通学もしていない「ニート」は12年に63万人で、この年代の人口に占める割合は2.3%と過去最高だった。

 また白書は、地域の青少年育成活動を特集し、12年度に活動に参加した人は1割未満で、担い手不足が大きな課題だとしている。

 青少年育成では、全国の市町村による青少年センターのほか、地域の子ども会、スポーツチームなど民間の団体も活動している。白書では、非行少年の立ち直りを支援するサッカーチームの活動などを紹介し「規範意識や自己肯定感の向上につながる」と評価した。(共同)
**************
働き盛り、15〜34歳の若者
人生で一番輝くこのときに、
仕事も通学もしていない。
家の中にいるのではなく、
手仕事をする、土を耕す、
何か、働くことの大切さ、楽しさを共有できたらいいなと思えます。


| 教育 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

公財政教育支出、比較可能な31カ国で日本は最下位

教育費支出「OECD並み目指す」 中教審答申案に明記

2013年度からの政府の教育目標となる第2期教育振興基本計画に向け、文部科学省の中央教育審議会がまとめる答申案の内容が分かった。諸外国より少ないとされる教育への公財政支出について「経済協力開発機構(OECD)諸国並みを目指す」と、初めて明記している。近く下村博文文科相に答申する。

 文科省などによると、教員の人件費や学校の運営費など、国と地方が教育機関に支出した総額(公財政教育支出)は09年度で16・8兆円で、国内総生産(GDP)に占める割合は3・6%。OECD加盟国平均は5・4%で、日本は比較可能な31カ国で最下位。高等教育分野だと日本は0・5%で、OECD平均(1・1%)の半分に満たない。

 これに対し、原案は「主要先進国に比べて公財政支出が低い水準で、家計の教育費負担の重さが問題になっている」と指摘。「教育の再生は最優先の政策課題の一つで、欧米主要国を上回る質の高い教育の実現を図る」とし、「OECD諸国並み」の目標を掲げた。
***************
国作りは人作りと、
言葉だけは飛び交いますが、
お金が追いつかない!
教育にも経済格差が増してきていますが、
こうしたことだけは、防ぎたい
また、被災地にも
温かい教育の対応はされていないぞ!
まだまだです



| 教育 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教員評価の分布公表は、子どものためになるの

維新、教員評価の分布公表 教育条例案修正へ

 橋下大阪市長率いる大阪維新の会大阪市議団は17日、市議会で継続審議となった教育関連条例案などの修正内容を固めた。市立校教員の勤務評価分布を市教育委員会が学校ごとに公表できるようにした。保護者や生徒が学校を選択する判断材料とし、学校間競争を促す。

 第2会派の公明と修正案を調整し、今議会で成立を目指す。

 教育条例案は、教育行政に市長や保護者の関与を強める。修正案で保護者の意見を学校運営に反映させるための「学校協議会」設置を原則設置から選択制に変更し、求めに応じて教員の評価分布を公表することにした。
(2012/05/17 22:23)
*************************
教員の評価分布を公表する、
住民は、評価を知りたいかもしれませんね。

でもはたして、評価が子どもの成長につながったり、
学校を楽しんで通うことにつながるかなど、疑問ですよね。
あくまでも、ひとつの側面にしか過ぎない評価が、一人歩きしていかないでしょうかね。
私には、「何か、やっているぞ」の市民への宣伝、広告と思えます。

| 教育 | 04:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT