FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マッサージ効果を倍加する漢方・抽出エキス ー足腰の痛み、肩のこりにー

       漢方・抽出エキスは、煎じるよりも薬効成分が濃く、

       血行促進作用があり、血液循環がよくなります。




             

       前列左から順にニンニク・百合根・ヤマイモ・ザクロ・カリン・唐辛子・クコ



「肩がこる」「首がおかしい」「腰が痛い」などと、毎日家族の誰かしらがぼやいています。友人から、「こるって、どういう風なの?肩なんて、こったことがない」と言われ、驚いたことがありましたが、我家族はこったり、痛かったりする種族のようです。



かくいう私も、背中がこります。普段は犬の散歩や朝晩の西式の体操で快調なのですが、長時間パソコンに向かったり、料理の撮影で根をつめたりすると、やはり左の肩甲骨の上のところがこってきます。また手指に痛みがくることもあります。



夫は長時間の運転で必ず腰や背中がおかしくなりますし、長男は首、娘たちは・・・とそれぞれ弱いところを抱えています。それで、家族でマッサージをし合います。



また、痛みがなくても、疲れてくると、顔つきが険しくなってきたり、言葉が乱暴になってきたりします。そんな時にも「もんであげる」となります。「いいよ、こってないよ」と言われても、「いいから、いいから」ともんであげれば、「生き返った!」となるわけです。「もんであげるから、私にもお願いね」と互いにやりっこもします。



よそでも色々試してみましたが、時間とお金を使っても、気持ちのよさを味わったことがありません。それどころか、強すぎて翌日になってより痛くなり、首が回らなくなったり、手が上がらなくなったりすることもあり、要注意です。



 中国の上海でやってもらった足裏マッサージも、成都で2時間近くもんでもらった全身マッサージもダメでした。旅仲間の人たちが「よかった」というので懲りずにチャレンジしたバンコクのタイ式も、スリランカのアーユルベーダーも効果なし。



不思議ですね。夫や長男にさすってもらう5分間のほうが、はるかに気持ちがよく、そのまま眠ってしまうこともたびたびです。おまけに無料。お互いにわかりあった同士、安心して心も体も預け合うことができ、「今日も、ずいぶん頑張ったね」「ご苦労様でした」などと言葉に出さなくても、家族同士のボディ・コミュニケーションにもなっているのかなと思います。



 さて今回は、そのマッサージ効果を倍加する漢方・抽出エキスを紹介しましょう。ニンニク、百合根、ヤマイモ、ザクロ、カリン、唐辛子など、手に入るものをホワイトリカーや焼酎に浸けこみます。



こうした抽出エキスは、煎じるよりも薬効成分が濃く、血行促進作用があり、血液循環がよくなります。湿布剤として使ったり、マッサージ前にこれを塗って温めたり、足湯や風呂に入れて入浴剤として使ったりします。



一人暮らしの方は、このエキスをスプレーし、その上に温めたタオルを置きましょう。冷え性、腰・筋肉痛、肩こり、リュウマチ、関節炎、神経痛などで悩む人におすすめです。



≫ Read More

| 未分類 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT