FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オープンハウスを終えて・・

[:ぴかぴか:]古民家の中の様子[:ぴかぴか:]







囲炉裏





野山の芽吹き色に魅了される季節となりました。



昨日、庭の隅の花かつみの濃い藍紫色の花が咲きだしました。細い葉、繊細な小さな花ですが、存在感は一人前、いえわが心は、この大好きな花への思いでいっぱいです。



さて、オープンハウスでは大変御世話になりました。



古民家もすっかり静かになり、何かひときわ広さも感じ、がらんとして寂しい限りです。



大勢の方々に遠方からも来ていただき、また皆さんに喜んでいただき、こんなに嬉しいことはありません。



「素適!」とか、「いいねえ」などと褒めてもらい、古民家もさぞ喜んでいることでしょう。とりわけ若い方々が古民家を喜んでくださったことが、うれしかったです。



古民家がこれ以上壊されないように、一軒でも多く残りますようにとの思いが叶えられた様に思え、感謝でした。



川内村の志賀敏広・志津夫妻の陶器展、国民保健会による化粧水・野草茶作り講座、大熊町の鈴木二郎師匠の手打ちウドン、飯館村の長正副村長や愛好者の皆さんがたててくださったお抹茶、カンパーニュさんの石焼釜の天然酵母パン・クッキー、安全安心な調味料類、そして野山の実りケーキセットなど、盛りだくさんの内容でしたが、どれも盛況でした。



野山の実りケーキは、砂糖なしバターなどのオイル無しで作りましたが、どなたからも「美味しい」と言っていただきました。 毎年来てくださる方、今年ラジオを聴き、新聞で読み、思い切って来てくださった方、こうして多くの方々のお力をお借りしてオープンハウスが開けましたこと、心から御礼申し上げます。



この感謝を、少しでもお返ししたいと思い、災害で大変な思いをされている方々に届けることに致しました。



アドラジャパンを通して、ミャンマーの被災地に2万円、また中国の四川大地震の被災者のために2万円、合わせて4万円を送ることにいたしました。



被災された方々にせめて飲み物、食べものが、一日も早く届けられますようにと祈ります。 ありがとうございました。



2008年5月18日 暮らし研究工房 境野 米子







[:ぴかぴか:]我が家の庭に咲いている草花・・[:ぴかぴか:]



ハナカツミ





スズラン

スポンサーサイト



| ・米子の自然暮らし | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |