FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稲の脱穀

[:もみじ:]

家の周りの田は黄金色に染まり、刈り入れの真っ盛りです。我が家でも、少しばかりの稲をいただいたので、家にある千歯扱き(せんばこき)で稲を脱穀しました。千歯扱き(せんばこき)なんて、見たことがないヒトが多いのではないでしょうか。小さな千歯扱き(せんばこき)ですが、立派に働いてくれました。脱穀した稲粒は、そのまま鍋で炒って、お茶にします。[:湯のみ:]



スポンサーサイト



| ┗お料理・漬物 | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT