境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛について





ナンの焼き上がりを座って待っているおじさんたち。何しろ一人20枚、30枚と買っていきますから、どうしても行列ができます。



 イランの町、ヤズドのパン(ナン)屋さん

 朝早く、焼き上がりを待つ人で行列ができていました。その中の一人、若い美しい女性の人が「何枚欲しいの」と英語で話しかけてきました。「1枚」と答えると、「どうぞ」と2枚を差し出し、どうしてもお金をとってくれません。まわりの並んでいる人たちも「そりゃ、いらないよ」「いいんだよ、もらっとおきなよ」と言います。

イランは、そんな愛があふれた国でした。[:抱擁:]

もちろん、熱々のナンは最高の味でした。





今日の聖句

「いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです」ヨハネ第一4:12



互いに愛し合っていることがわかるためには、やはり微笑み、手を振り、話しかけることが大切ですね。愛はあふれ出るものなのですね。
スポンサーサイト

| ・毎日読む聖書 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT