FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

放射線で光る樹脂

放射線で光る樹脂、ペットボトルの素材で開発 

ペットボトルの素材を使って、放射線が当たると青く光る新しいプラスチック樹脂を開発することに、京都大や放射線医学総合研究所などのグループが成功した。放射線検出器のセンサーに使われている従来の樹脂に比べ、費用は10分の1ほど。安価な検出器の開発が期待できるという。29日、欧州物理学会の速報誌電子版に掲載された。
 京大原子炉実験所の中村秀仁助教らのグループは昨年、ペットボトル樹脂に放射線を当てると光が出ることを突き止めた。しかし、発する光の量が少ないという弱点があった。
 グループは帝人化成とともに、樹脂に含まれる炭素と水素、酸素の割合を変えながら性質を分析し、これまで放射線検出器に使われているものと同等以上の能力を持つ樹脂を合成した。 (2011年6月30日アサヒコム)
*******************
こういうのいいですね。
靴や衣服に、あるいはワッペンでもバッジでも身につけていれば、高線量のところへ行くと光るわけです。
違いますか?
早く実用化して欲しい。100円くらいで売ってくれなければだめですよ。

我が家のガイガーカウンターなんか、1ヶ月もしないで電池が外れて、積算量はパーと消えました。
さすがに中国製。チャチですね。4万円の価値のなさにあきれます。
世が世なら、こんなものは100円ショップの商品だろうにね、トホホ


| ・大災害 | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT