FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊達市は民家の表土除去検討

伊達市は民家の表土除去検討 

 福島県伊達市は独自に一般家庭の放射線量の低減に乗り出す(民報)。
各家庭の放射線量を測定し、高い数値が測定された場合は民家の表土を剥ぎ取るなどの対策を進める。
費用は一時的に市が負担し、最終的に東京電力に請求することを検討する。
放射線の専門家をアドバイザーに 委嘱して取り組む考えだ。
********
伊達市は、いち早く教育施設の表土の除去も実施しましたね。
首長の、こうした判断のスピード感、また市民を守る姿勢には、共感をおぼえます。

スポンサーサイト



| 未分類 | 03:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT