FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふくしまの子どもを守る緊急プロジェクト

除染実施町内会に補助 6月県議会 追加補正を発表 
 佐藤雄平福島県知事は24日、県庁で記者会見し、開会中の6月定例県議会に追加提出する259億4700万円の一般会計補正予算案を発表した子どもの健康確保を目指す
「ふくしまの子どもを守る緊急プロジェクト」を推進する

具体的には積算線量計を中学生以下に配布する市町村への財政支援、通学路の除染を行う町内会への補助などに取り組む。
36億300万円を計上した線量低減化活動支援事業は、町内会に積算線量計や高圧洗浄機を貸し出すなどの内容で、通学路も含めた住民の生活区域をきめ細かく除染できる態勢を整える。県民健康管理事業は内部被ばく量を調べる車載型のホールボディーカウンター5台を購入し、子どもたちの健康管理に努める。
 ガラスバッジなど積算線量計を子どもや妊婦に配布する自治体に対して補助する県民健康管理支援事業は60億1200万円を充てる。10億7900万円を計上し、都市公園の表土除去について市町村に対する独自の財政支援も始める。
( 民報新聞2011/06/25 10:08)

スポンサーサイト



| ・大災害 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT