FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柳津での埋め立て見送り

柳津での埋め立て見送り 仮置き汚泥で県が方針 

 県が設置する県北浄化センター(国見町)で仮置きされている大量の汚泥について、県は柳津町の最終処分場への埋め立て見送りを決めた。13日、柳津町から汚泥の受け入れ拒否の申し入れがあり、判断した。今後は他の処分場での処分を模索するが、見通しは立っていない。
 同日、柳津町の井関庄一町長が県庁を訪れ、汚泥搬入を認めないとの考えを県の担当部局に伝えた。


(福島民報2011/07/14 10:03)
*********
放射能汚染の拡大になるようなことはやめて欲しい!
とはいうものの、事故が起きれば必ずこうした汚染が起きるわけですから、原発の立地を推進し電気が欲しいところは、
必ず汚泥置き場を作るようにするべきなのです。とりわけ大量の電気を必要としている東京は、大規模な最終処分場を地下でもどこにでも用意すべきですよ、都知事殿!


スポンサーサイト

| ・大災害 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT