FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米の買いだめ

コメ買いだめ「冷静に」 昨年産が販売増

 昨年産のコメを買いだめする動きが県内でも見られることが5日、分かった。東京電力福島第1原発事故を受け、放射性物質の心配がないコメを買おうとする消費者心理が働いているとみられる。関係者によると、例年なら、新米が出回る時期を目前に控えて消費が伸び悩む時期だが、スーパーや米穀店では販売量が大幅に増えているところが多い。しかし、東北農政局福島農政事務所などによると、政府の備蓄米が十分にあるほか、コメがなくなる状況は考えられない、などとしており、消費者に冷静な対応を呼び掛けている。
 JA全農福島は「昨年産米は作柄が悪く、被災で量も減った」としながらも、「需要と供給のバランスは崩れておらず、なくなるような状況にはならない。月末には他県産米も流通してくる」と冷静な対応を呼び掛ける。東北農政局福島農政事務所によると、国は5月末時点で88万トンのコメを備蓄しており、担当者は「コメ不足となる心配はない」と言い切る。県は、本年産米の放射性物質検査について国が示した検査より詳細に行うことを決定しており「安全性を確認する」としている。
(2011年8月6日 福島民友ニュース)
***************
米の汚染が心配な庶民は、やはり買いだめに走るしかありません。
するな、冷静になどと言っても、主食の米は安全なものが食べたいのが当たり前の気持ちです。
規制値が500ベクレルなんて高すぎますよ。もっと低く設定すべきでしょう。

| ・大災害 | 04:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT