FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子どもの被爆

削減目標は2年後に60%

 政府が策定中の「除染の基本方針」に盛り込まれる除染実施の目標が22日、関係者への取材で判明した。目標では子どもの1日当たりの被ばく線量を2年後に現状からおおむね60%削減を目指す。居住区域の空気中の放射線量を2年後までにおおむね50%に削減する目標も明記される見通し。子どもは成人よりも放射線の影響が大きいとして、削減目標を上乗せする。
 長期的な目標としては、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質による被ばく線量が年間20ミリシーベルト以上の地域を段階的に縮小する。20ミリシーベルト未満の地域では、年間の被ばく線量1ミリシーベルト以下を目指す。
 子どもの被ばく線量を60%削減する目標は、現段階で空気中の放射線量が毎時3.8マイクロシーベルトの場所を前提とし、子どものモデル的な生活パターンを基に試算した。
(2011年8月23日 福島民友ニュース)
スポンサーサイト



| ・大災害 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT