FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

群馬県も汚染

文部科学省は27日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、
群馬県の汚染マップ
を公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かった。

 8月23日~9月8日、県の防災ヘリコプターで測定した。汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていた。文科省によると、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるという。

 放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137で最も蓄積が多かったのは県北部。原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、1平方メートルあたり10万~30万ベクレルにのぼった。250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。

http://www.asahi.com/national/update/0927/images/TKY201109270722.jpg

*************
250キロ離れたところでの汚染マップ。
衝撃ですね。
私の郷里、群馬県も汚染ですから・・・・
かわいそうなのは福島県人だけではありません。
原発は、本当に恐ろしい!!
スポンサーサイト



| ┗放射能汚染 | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT