FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

自主避難

福島からの自主避難が止まりません。
幼い子供を持つ親さんの身になれば、避難したいと思う気持ちはよくわかります。
大好きな福島が、こんなにも汚され、葉も花も、空気も汚されたところに子どもを置く気持ち、
正常な心ではいられません!!

誰も安全、安心を補償してあげれず、
「数十年たったときでも大丈夫」
と、言ってあげられない現実があります。

自主避難を、お金の問題にしないでほしいと思います。
また線量の問題にしないでください。
「避難」を決めるのは、行政ではなく市民であってほしいです。

心配な人は誰でもが避難ができる、
戻りたいときには、いつでも戻れる、
そんな福島県であってほしいと願います。

**********************
■10.28 政府交渉 渡利の子どもたちを放射能から守ろう!
http://goo.gl/vBWXI
日時:2011年10月28日(金)12:30~16:30(予定)
内容:署名の提出、事前に提出した質問に基づき質疑および交渉
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111014_Watari_questionnaire.pdf

会場:参議院議員会館講堂(東京都千代田区永田町1-7-1)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
資料代:500円、福島の方々の旅費をまかなうため、カンパ歓迎
申込み:申込みフォームよりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/662fb05522873

主催:渡利の子どもたちを守る会(Save Watari Kids)、
子どもたちを守る福島ネットワーク、
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan
問合せ:福島老朽原発を考える会 阪上 090-8116-7155
FoE Japan 満田(みつた)090-6142-1807

スポンサーサイト



| ┗放射能汚染 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |