FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

汚染土、30年間中間貯蔵。その後はどこ?永久ではないでしょうね!

環境省が工程表 
福島の放射能汚染土 県内に最大30年間中間貯蔵 

放射性物質に汚染された土壌などについて、環境省は29日、処分に関する工程表を決めた。
福島県内の各市町村に仮置き場を設置し約3年間保管した後、
中間貯蔵施設に移し30年以内に県外で最終処分することが柱になっている
汚染土は10都県に発生しているが、福島以外の都県は量が比較的少ないため、
中間施設を設けず既存の処分場で処理する方針。
10.29 21:58
*****************
日本中の原発それぞれに
汚染土置き場、最終処分所建設を義務付ける必要があります。
建設容認、運転再開容認自治体、住民は、放射性物質も含めて容認すべきなのです。
原発は、イコール放射性物質なのです。
福島県民が、証明しているのは、そのことなのです。
運転再開しなくても、しても、今もう既に原発には多量の放射性物質があるのですから。
電気だけ欲しい人ねんて、ありえないのですからね。

スポンサーサイト



| ┗放射能汚染 | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |