FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古民家  オープンハウス

 
あれから1年

古民家  オープンハウス  

3月29日(木)~4月4日(水)10~17時 

   
場所:飯野町 かやぶき屋根の家

フキノトウもツクシも、ドクダミやカキドオシも採れず、野草茶や漢方薬は作れないとあきらめました。この茅ぶきの古民家の暮らしの豊かさは、すべて失われたと思えます。
17年前に難病になり人生が終わったと思った時、大きな宝物を拾った体験がよみがえりました。人間が想像し、計画し、体験していた事をはるかに越えたことが起こり、それでも私は生かされている、そこに何か神の摂理があるように思えています。「生きていてよかった」、「生かされていてハッピー」の日々を共に分かち合いましょう。どなたでも気軽にお出かけください。

*あの地震にビクともしなかった、築170年のかやぶきの古民家をご案内

*友人の川内村の志賀夫妻の絵画と陶器展を開催

*飯館村の友人たちの丹精した食べ物や小物なども販売

*チェルノブイリの子どもたちを守った
 ペクチン豊富なケーキ・キッシュなどの販売

*境野米子の新刊本の販売・サイン会
『あの日からのお母さんのしごと―わが子を放射能から守る知恵と工夫』ワニプラス
『子どもを放射能から守るレシピ77』コモンズ


☆講演会のお知らせ☆

「わが子を放射能から守る知恵と工夫」
日時: 4月4日13時~14時 [場所は上記 古民家]
講師: 境野米子
主催「国民保健会 福島支部」[連絡先:024-559-0234]

かやぶきの古民家への道案内

福島市飯野町青木平石72  TEL024-562-2797

【交通】1福島駅から国道114号線川俣方面へ、小手神森信号右折、青木小学校近く(約30分)2福島駅東口1番乗り場より、川俣高校方面行きのバスに乗り約40分、小手神森バス停下車徒歩15~20分(バス代片道7~800円)3JR東北本線松川駅下車、タクシーで12分(約2000円)

blog_import_4da19aa77c176.jpg



スポンサーサイト



| ・講演・イベントのご案内 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT