FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相馬市沖の試験操業、タコ、ツブ貝など、不検出

福島沖タコ、ツブ貝は「不検出」
試験操業で水揚げ、セシウム検査


 福島県漁業協同組合連合会は15日、相馬市沖で14日に行った試験操業で水揚げしたミズダコなど3種の放射性セシウム検査の結果、16検体全てが「不検出」だったと発表した。

 検査したのはヤナギダコ、ミズダコ、シライトマキバイ(ツブ貝)で、生10検体とボイルした加工品6検体。

 14日の水揚げは検査するだけで、市場には出さない。今回の結果を踏まえ、18日に開く県内漁協の組合長会議の了承を経て20日と27日に再び漁を行い、この3種を試験的に流通させて売れ行きや価格を調べる。

(2012/06/15 18)
*:::::::::::::::
大好きなタコ、ツブ貝
でもセシウムは怖い
はたして汚染はないのか、売れるのか
漁業者のお気持ちは、いかばかりでしょうね

スポンサーサイト



| ┗放射能汚染 | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT