FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福島市民の意識、以前よりも不安が増した

福島市民、9割超が依然「不安」 放射能意識調査

 福島市は13日までに、市民を対象に今年5月に実施した「放射能に関する市民意識調査」の結果をまとめた。調査結果によると、市民の9割以上が依然として、放射線による健康不安を感じており、内部被ばくについて回答者の44.8%、外部被ばくについて37.4%が「以前よりも不安が増した」と答え、「食べ物の線量と産地に気を付けている」とした割合は69.9%、「線量の高い場所に近づかない」は58.4%に上った。
 事故直後より不安が増した半面、行動の一部が通常に戻りつつある結果となり、市の担当者は「市民の放射線への知識量が増えたことで、危険性を認知する割合が増えたが、知識に基づいた行動も増加した」と分析している。
(2012年9月14日 福島民友ニュース)
スポンサーサイト



| ・大災害 | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT