FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

県外避難者654人減少するも、なお5万7954人が戻れないでいる

県外避難者654人減少 6日現在5万7954人

 東京電力福島第一原発事故などに伴う県外避難者数は6日現在、5万7954人で、前月(11月1日現在)よりも654人減少した。県が17日、発表した。
 今年3月の6万2831人をピークに、減少傾向が続いている。県は避難の長期化により、経済的、精神的な負担が限界に達しているケースがあるとみている。
 避難先は山形県が最多の1万105人、次いで東京都の7537人、新潟県の5950人などとなっている。
 県は復興庁の統計を基に、毎月の状況を公表している。

( 2012/12/18
********************
避難の長期化により、経済的、精神的な負担が限界、
避難したくて避難したのではないのですから、
家族がバラバラ、2世帯の生活には無理があります。
そうかといって、放射性物質の危険を子どもに背負わせたくないと、
戻るに戻れない人が、まだまだ多くいるのが現状です。
子どもが暮らす空間の除染を最優先にし、
あるいは、コンクリートの建物への移住などを優先させるなど、
行政の取り組みが待たれます。

スポンサーサイト



| ┗放射能汚染 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |