境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大熊町の被災の現状と復興の課題

第67回ふくしま復興支援フォーラム

  6月5日(木) 18時30分~20時30分  テーマ  「大熊町の被災の現状と復興の課題」
  報告者  渡辺利綱氏(大熊町長)
  会 場  福島市アクティブシニアセンター「AOZ(アオウゼ)」         
大活動室1 (MAXふくしま4F/福島市曾根田町1-18)

   ~~~~~~~
「大隈町は、今まで原発で甘い汁をさんざんすってきた。そんな人たちの意見を聴くなら、、まずお詫びの言葉、反省の言葉だろう。」
と以前言われました。
なるほどそうかと思えなかったのは、彼が東京の人だったこと。
東京の人にだけは言われたくない!
スポンサーサイト

| ・大災害 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT