境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サフラン

サフランの季節になりました。
この赤い雌しべが、金より高いのも、もっともなこと。取る手間がかかる。20171031サフラン
除染で全て諦めたのに、以前より増えたような気がするのですが・・・
20171031群生サフラン
柿もかなり色づいてきました。あせりやの家族が、「もういいだろう」と干し柿作りをせかすのですが、
となりのばあちゃんに「寒くならないとかせる」と言われているので、隣の動向を確かめてからカキむきにかかります
20171031カキ
豆柿、絶滅危惧種のようです。こちらは、真っ黒にならないと取れません。
20171031マメガキ
それにしても、わが町もそうですが、どこもかしこも、柿をとらないのですね。鈴なりの柿の木を見ると、悲しくなります。何故?
スポンサーサイト

| ・季節 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT