境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山形県内の入居住宅者退去求めず 

山形県内の入居住宅者退去求めず 福島の県外避難者に
 平野達男復興相は23日、東京電力福島第1原発事故で福島県双葉郡などから山形県内に避難している住民7人と山形県庁で意見交換した。住民から、2~3年で入居住宅の退去を迫られるのではないかとの不安が示され、平野氏は「新たな住宅を確保するまでは、出ていきなさいと言うことはない」と強調した。

 平野氏は冒頭、避難を強いられていることに「責任ある政府として、あらためておわび申し上げたい」と陳謝。除染の難航などで、地域によっては避難解除まで長い期間を要すると説明し「いろんな形で国がサポートしなければと強く感じている」と述べた。

 また平野氏は、避難者を受け入れている山形市の市川昭男市長、山形県米沢市の安部三十郎市長とも会談。避難が長期間になった場合、特別交付金などで財政支援を継続する方針を説明した。

 山形県内には、福島県から民間の賃貸住宅や知人宅などに約1万2千人が避難しているという。

 山形訪問に先立って平野氏は同日、福島市内の「さくらんぼ祭り」を視察。JA直売所で特産のサクランボを試食し、風評被害の解消を訴えた。

(2012年6月23日)
********************************

全国の避難者たちが、みな共通に抱えている問題ですね。
こうした助け合いができる行政は、私たち市民がもっとも望むところ。
避難者の行き場がちゃんとできるまで、
いたいだけいていい体制つくりが今必要です。
スポンサーサイト

| ・大災害 | 05:38 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/1890-74ba2b90

TRACKBACK

まとめtyaiました【山形県内の入居住宅者退去求めず 】

山形県内の入居住宅者退去求めず 福島の県外避難者に 平野達男復興相は23日、東京電力福島第1原発事故で福島県双葉郡などから山形県内に避難している住民7人と山形県庁で意見交換した。住民から、2~3年で入居住宅の退去を迫られるのではないかとの不安が示され、...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/26 14:21 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT