境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩手、栃木、群馬の河川や湖沼のセシウム

セシウム低下や横ばい傾向目立つ 岩手などの川底

 環境省は24日、岩手、栃木、群馬3県で、水底の土壌に含まれる放射性セシウム濃度を測定した結果を公表した。一部で前回調査に比べて1キログラム当たり最大約千ベクレルの上昇も見られたが、各県とも多くの地点で低下や横ばい傾向だった。環境省は「上昇の原因ははっきりしないが、総じて値は低く大きな変動ではない」としている。

 岩手県では河川18地点で6月に測定し、最大値は平泉町の太田川で770ベクレルを検出。昨年12月~今年1月の前回調査で同地点は97ベクレルで、最大値は一関市の大川の990ベクレルだった。

 栃木県では河川49地点と湖1地点を6~7月に測定。最大値は日光市の赤堀川で450ベクレル(前回2月調査で800ベクレル)を検出。前回最大値の6700ベクレルを検出した五十里ダム貯水池は、土壌採取の遅れで公表対象から外れたが、他の地点も多くが低下や横ばいだった。

 群馬県では、河川48地点、湖沼など8地点を5~7月に測定し、碓氷湖で最大1950ベクレルを検出した。2~3月の調査では同地点が970ベクレルで、最大値は赤谷湖で1970ベクレルだった。

(2012年8月24日)
スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 05:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2000-d786cf58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT