境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出産と母親の栄養状態

出産、母親の栄養状態が決め手
定説に見直し迫る

 【ワシントン共同】人間の赤ちゃんがほかの動物に比べて小さな脳や未熟な体で誕生するのは、それ以上大きくなると母親の栄養状態が危険になるからだとする研究結果を米国の研究チームが27日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 これまでは赤ちゃんの頭が大きくなると産道を通らないためとの説明が一般的だった。チームは「出産のタイミングは産道の大きさで決まるのではなく、母子間のエネルギー需給のバランスが限界に近づくからだ」と、従来の説に見直しを迫っている。

(2012/08/28 04:00カテゴリー:科学・環境)
****************
「太っちゃ駄目」と妊婦の厳しい体重管理をした時期は、つい3年前
「やせちゃ駄目、低体重の赤ちゃんは問題が多い」となったのは2年前。
今度は、妊婦はどうするの?


スポンサーサイト

| 健康情報 | 04:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2005-97ce5cc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT