境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「被爆者健康手帳」と「健康手帳」

双葉町も被ばく記録の手帳配布へ 12年度中

 東京電力福島第1原発事故で、埼玉県加須市に役場機能ごと避難している福島県双葉町は14日までに、町民が内部被ばく検査や健康診断の結果を記録する「健康手帳」を、2012年度中に配布する方針を決めた。

 福島県浪江町が既に「放射線健康管理手帳」を独自に作成、配布しており、参考にする。関連経費を計上した補正予算案を18日開会の9月定例議会に提出する。

 手帳には、ホールボディーカウンターによる内部被ばく検査や甲状腺検査、健診の結果などを自分で記入し、健康管理に役立ててもらう。10年分の記録を載せられるようにする。

 町は「万が一、放射線による疾病を発症したときには、事故との因果関係を裏付ける一つの資料になる」としている。

 双葉、浪江両町は、被爆者援護法に基づき広島、長崎の被爆者が持っている「被爆者健康手帳」と同様に、町民の医療費無料化や手当支給などの法整備を国に求めている。

(2012年9月14日)
*****************
今、福島県民は皆何らかの不安のなかで
我慢して暮らしています。
そんな現実に、
寄り添った施策が求められています。
健康手帳は、とりわけ、子ども持つ家庭にとっては、福音ですね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2030-de360246

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT