境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界遺産、スークが焼けた

戦闘で「世界遺産」焼ける シリア・アレッポの市場

 シリア北部アレッポで続くアサド政権と反体制派の戦闘により、旧市街にある中東有数のスーク(市場)で28日から29日にかけて火災が発生、数百軒に被害が出たことが30日までに分かった。

 スークは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産として登録されているアレッポ「古代都市」の一部で、アレッポ観光の目玉の一つとなってきた。

 彫刻が施された木製の扉が焼けたり石壁が黒焦げになったりし、ロイター通信は、地元の活動家の情報として推定700~1000の店が被害を受けたと伝えた。

 スークは屋根付きで石造り。長さ約1キロのメーンストリートを中心にアーチ形の細い路地が広がっている。中世の建築様式が良好な状態で保存されていることで有名。

 直接の出火原因は不明。現場周辺では砲撃や銃撃戦が続き、消火作業が進まなかったという。(共同)
****************
スーク、市場大好き人間なので、ショック
シリアをはじめ、イスラム教を信ずる人々は
人情に厚く、気さくで、人懐こくて、
そして、気高い道徳心にあふれた人たちばかりでした。
こんな格言が、あります

「慈善と援助は、流れる水のごとく、切れ目なしにあれ
慈愛と憐情は、太陽のごとく、平等に暖かくあれ
他者の過ちを覆い隠すには、夜のごとく、何も見えないようにあれ
怒りや憤懣には、死者のごとく、何も感じないようにあれ
卑下や謙遜には、土のごとく、踏まれても耐えられるようにあれ
寛容さは、海のごとく、広々とすべてを許容できるようにあれ
ありのままを見られよ、あるいは、裏表が無いように、見られたとおりであれ」
(「メヴラーナの7つの格言)より)
スポンサーサイト

| ・旅 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2057-ee750512

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT