境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古民家、菜の花栽培講習会

放射能除染と安全な植物油の自給率向上をめざす
菜の花栽培講習会のご案内

主催一般社団法人グリーンオイルプロジェクト
後援NPO法人民間稲作研究所・NPO法人福島県有機農業者ネットワーク
NPO法人全国有機農業推進協議会

例年にない猛暑のなか、稲刈り作業の真最中のこととご推察いたします。見掛け倒しの結果に
がっかりしている地域が多いようですが、福島の秋、特に浜通りのみなさまにとって3.11以
降、2 年間も作付が出来ないなかでの実りの秋、一部試験栽培が行われてきましたが、食べるこ
とさえ許されないという不条理に直面していることと存じます。
当会が提案してきた「なたね、ヒマワリ、大豆」による除染と植物油の生産販売も杉内氏など
のご尽力でやっと軌道に乗ってきました。今年度は260 円/kg で(有)日本の稲作を守る会
が即金でなたねを買取ることになりましたので、昨年のようにすき込まずに是非収穫まで行って
頂ければ幸いです。
つきましては、播種から収穫・出荷調整までの作業や出荷基準、油の生産精製販売などプロジ
ェクト全体のご報告を兼ね、下記のとおり栽培講習会を開催しますので万障お繰り合わせの上ご
出席下さい。

1 日 時 福島会場 10 月13 日(土) 午後2:00~5:00
栃木会場 10 月18 日(木) 午後3:30~5:30
場 所 福島会場 境野米子氏古民家
(青木小学校より10 分のところですカーナビは住所で入力してください)


〒960-1303 福島市飯野町青木平石72 TEL・FAX 024-562-4717
栃木会場 NPO法人民間稲作研究所有機農業技術支援センター
栃木県河内郡上三川町下神主233-1

3 日程
1 グリーンオイルプロジェクトの活動について
2 放射能の除染となたねの除染効果について
3 植物油の輸入実態と国内自給率の推移、輸入原料と溶剤抽出法の問題点
4 化学肥料・農薬不使用によるなたねの栽培法につて(播種適期と肥培管理)
5 収穫・乾燥・調整・出荷について
6 東電の電力料金より安いSVOによるデイ―ゼル発電について
7 その他

問い合わせ申込先℡/fax 0285-37-7366 又は53-1133 担当杉内・秋吉・稲葉

http://inasaku.or.tv/kenkyujo/120925kosyuukai.pdf
スポンサーサイト

| ・講演・イベントのご案内 | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2088-111133d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT