境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

IAEAから指示された安全措置すらして未だに果たしていない

日本政府 は、かのIAEAから指示された安全措置すらして未だに果たしていない

ヨーロッパのジャーナリストの方から届いた便りです
「実は、私の義弟(ベルギー人)は、原子力発電運営会社Tractabelの技術担当役員です。
つまり、日本でいうところの東電の立場です。
彼の立場からすれば、 発見された無数の目に見えないヒビは、科学的に、どんなに「想定外」シナリオを考えても、チェルノブイリやフクシマのような過酷事故は起こりえないのでしょうが、
「市民がフクシマ以降過敏になっている以上、原子力規制当局が 間に入って、いくつもの、独立した、国際科学委員会が検査や判断をし、その レポートを基に、原子力規制当局で結論を出すこと(1月14日の予定)は、
民主主義社会として正しいプロトコルだと思っている。」と昨夜、大晦日のカウントダウンの会食の席で、淡々と語ってくれました。
そして、
「日本政府 は、かのIAEAから指示された安全措置すらして未だに果たしていない。日本は 世界に対する責任をとろうとしていない」とも。
************
日本の政府の
再稼動ありき、建設ありきの姿勢は、
いったいどういうわけなのでしょうか。



スポンサーサイト

| ・大災害 | 03:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2193-ceb5d887

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT