境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子ども用の花粉防御用メガネの危険性

子ども用の花粉防御用メガネでけが!
     
◆事例1
子どもの花粉症がひどいので、ドラッグストアで花粉防御用のメガネを購入し
た。学校にかけていったが、体育の授業中に他の児童が走ってきて顔面にぶつ
かり、メガネの縁で左目の上を6センチくらい切り、8針縫った。(当事者:7歳
 男児)
◆事例2
花粉防御用メガネをかけていた子どもが、3段ある玄関ポーチを降りているとき
に転倒し、前方の門扉で頭を打った。その際に、花粉防御用メガネが左の眉に
食い込んで約4センチ切り、9針縫うけがを負った。メガネに損傷や変形はなか
った。(当事者:7歳 男児)
===================================
<ひとことアドバイス>
☆最近では花粉防御のための子ども用メガネが販売されていますが、転倒した
 り、ぶつかったりしたときなどに、花粉防御用メガネにより顔にけがをした
 という相談が寄せられています。
☆花粉防御用メガネは、花粉が目に入ることを防ぐため、フレームの張り出し
 が通常のメガネより顔面に近くなる形状となっており、転倒や衝突したとき
 などに、その張り出し部分が顔面に強く押し付けられ、目の周囲にけがを負
 うおそれがあります。
☆花粉防御用メガネには、このような危険性があることを認識し、使用する際
 は十分注意しましょう。



(本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。)

詳細は、「子ども用の花粉防御用眼鏡による顔のけがに注意」
www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130221_2.html
スポンサーサイト

| 安全性 | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2289-2398c275

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT