境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初の現物賠償、井戸設置

東電、自宅帰還世帯に井戸設置 沢水に代え、初の現物賠償

福島県葛尾村の住民へ賠償について説明する東京電力社員ら(奥)=17日、福島県田村市

東京電力は17日、福島第1原発事故で避難した福島県葛尾村の住民が自宅に帰還する際、沢水を利用した水道に代わる井戸を各世帯に設置する賠償案を住民説明会で提示し、村は受け入れた。

東電によると、金銭ではなく現物での賠償は初めて。担当者は「工事発注の手間など住民の負担を軽減するため一歩踏み込んだ。他の自治体からも同様の要望があり、協議する」としている。

対象は、葛尾村に帰還する意思があり、井戸の設置を希望する世帯。東電が業者に委託して、各世帯の自宅付近に井戸を掘る。葛尾村は22日に避難区域が再編される。
**************
避難区域が再編され、自宅にもどる地域がでてきています。
友人の町民は
「賠償のお金がもったいないので、なんとか戻したいわけよ」
と言っています。
今後も何があるかわからない原発の近くに暮らす不安もあるでしょうから
若い世代、子どもの世帯が戻るかどうかが、課題です。
我が家の井戸水は、今のところゼロベクレルです。
が、いつ汚染されるかと心配で、1年に1回は測定していくつもりです。

スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 04:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2327-fb3b0293

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT