境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国連人権理事会、避難区域を設ける基準の厳格化を求める

避難区域設定基準の厳格化求める 国連人権理、初動も批判

【ジュネーブ共同】東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故の被災状況を調査したの健康問題に関する特別報告者、アナンド・グローバー氏は24日までに、

避難区域を設ける基準を厳格化し、年間被ばく線量を1ミリシーベルト未満にするよう求める報告書を公表した。


原発事故発生後の日本政府の初動も批判。緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)が有効に活用されず、甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤が適切に事故地域に配布されなかったとするなど、日本政府には厳しい内容となっている。
スポンサーサイト

| ・大災害 | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2428-edc6e1fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT