境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長さ約3センチ、幅約1.5センチ、厚さ約0.5センチ

原発15キロ地点に高線量の破片 福島・楢葉町

東京電力は2日、福島第1原発から南に15キロの福島県楢葉町の河原で6月、表面から毎時3400マイクロシーベルトのベータ線とガンマ線を出す破片が見つかったと発表した。

 東電によると、長さ約3センチ、幅約1.5センチ、厚さ約0.5センチ。

 環境省が6月20日、震災がれきの処理作業中に発見した。同省は原発事故で飛散したか、もともとあった所に放射性物質が付着した可能性があるとみて、東電に分析を求めた。

 30センチ離して測定すると毎時26マイクロシーベルト、1メートルの距離では周辺の空間線量と同程度まで下がった。〔共同〕
*****************
何で写真を公開してくれないの?
どんなものなのか、見たい。
もし事故で飛散したものならひとつではない可能性があるわけで、
少なくても15キロの地点までの飛散状況に照らして探して欲しい
**********
福島民報新聞には、写真が出ていました。
またテレビでも映像が流れました。
何か、軟らかい、スポンジ状のようなものとか。
一体どこから飛んできたか、持ち込まれたか。
いまだにわからない。

スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 04:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2503-8bcb6713

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT