境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

原発事故後、サルやイノシシ出没

 旧警戒区域、生息拡大

環境省は26日、東京電力福島第1原発事故後に警戒区域だった地域で初めて実施した野生動物の生息調査で、市街地に以前はほとんどいなかったニホンザルが生息し、イノシシもほぼ全域で確認されたと発表した。

住民の避難と捕獲数の減少で、出現エリアが拡大した可能性がある。環境省は「住民の帰還に向け、農地の除草などで野生動物が生息しにくい環境をつくり、効果的に捕獲する態勢を検討する」としている。

調査は、昨年7月時点で警戒区域だった地域内の道路に全長各10キロの計5ルートを設定。昨年11月と今年1月、自動撮影カメラや車からの目視などで動物の出現頻度を調べた。
***************
わが町で、クマが目撃されました。
今までに無いことです。
避難で無人となり、食べ物が減った町や村
仕方が無く周辺の町や村にでてきているのでしょうか。

スポンサーサイト

| ・大災害 | 05:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2543-19272b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT