境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本大震災:2万3693人が転園・転校したまま


東日本大震災:2万3693人が転園・転校したまま


毎日新聞 2013年08月06日 19時15分(最終更新 08月06日 23時59分)

文部科学省は6日、東日本大震災で転園・転校した子供の、今年5月1日時点の状況を発表した。2万3693人(前年同期比1823人減)が転園・転校した状態で、うち岩手・宮城・福島の3県から各県外に転出している人数は1万2803人(同1460人減)。福島県は前年同期より1330人減の1万986人だった。同省は「被災地に戻る一定の流れは感じられるが、まだ多数が避難中で被災の影響は継続している」としている。

 調査は各都道府県・政令市教委や国立・私立学校経由で、東日本大震災の影響で転校した子供の数を調べた。津波や原発事故の直接要因以外に、放射線の影響を危惧して遠方に避難した数も含む。

 校種別では、幼稚園3491人▽小学校1万3122人▽中学校5047人▽高校1883人▽中等教育学校(中高一貫校)10人▽特別支援学校140人。岩手・宮城・福島3県を除く都道府県での受け入れ先上位は、山形1519人▽新潟1306人▽東京1002人▽埼玉997人▽北海道739人。沖縄も377人と多かった。
スポンサーサイト

| ・大災害 | 04:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2563-ebd5a5f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT