境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界にご迷惑な汚染水

「東京の放射線量は変わらない」 猪瀬知事、汚染水に神経とがらせ

2020年夏季五輪の開催都市が決まる国際オリンピック委員会(IOC)総会への出席を直前に控えた東京都の猪瀬直樹知事は30日、都庁で記者会見し「東京の放射線量はニューヨーク、ロンドン、パリと全く変わらない」と力説した。

知事は東京電力福島第1原発の汚染水問題に神経をとがらせており、都ホームページ(HP)に掲載している都内の放射線測量結果を、英語で詳細が分かるようにしたことを明らかにした。

汚染水問題をめぐっては、23日の東京招致委員会主催の記者会見でも、外国人記者から招致への影響を聞かれ、知事は東京の安全性を強調した上で「影響はない」と述べた。

(2013年8月30日)
***********
世界中で連日報道されている汚染水問題
お隣韓国では、先ごろの竹島問題もからまって、ヒートアップ
様々な憶測が流れています。
そこで暮す日本人は針のむしろ、
「東京の放射線量はニューヨーク、・・・・変わらない」
なんて、自分のことばかり言っている。
「汚染水、何とかしないとオリンピックが危ない」
認識ゼロ、
そういう自分勝手な認識だから・・・
福島は、悲しい。
スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2595-5d492e23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT