境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

政府、「帰還できない」との見通し


政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」


毎日新聞 2013年10月30日 07時30分(最終更新 10月30日 09時36分)

 政府・与党が検討している福島復興加速化案の全容が29日、分かった。年間積算放射線量が50ミリシーベルト超の「帰還困難区域」について、帰還まで長期の時間がかかることを明確にした上で、移住先で住宅を確保できるよう賠償金を手厚くする。政府が事実上、「帰還できない」との見通しを示し、移住による生活再建を促すことにつなげる。避難した被災者の「全員帰還」を原則としていた対策を、大きく転換させることになる。

 東京電力福島第1原発事故の被災地の避難区域は、線量に応じて、帰還困難区域(対象住民2.5万人)▽居住制限区域(2.3万人)▽避難指示解除準備区域(3.3万人)−−に分類される。政府・与党は、これらの地域ごとに、帰還までどれだけの時間がかかるかの見通しを示すことを検討。特に、帰還困難区域は長期になりそうで、これらの区域の住民には、何年後にどの程度の放射線量になりそうか、今後何年間は帰宅が難しいか、といった見通しを政府が明確に示し、住民の判断材料にしてもらう。移住による生活再建も新たに選択肢として示す。

 同時に、困難地域以外に除染などの資金を集中させ、早期帰還を後押しする。早期帰還ができる区域は、除染とインフラ復旧に全力をあげ、病院の診療再開や商業施設の整備など生活再開の基盤も整える。

 東電による賠償額の引き上げも検討する。東電は現在、住んでいた住宅の価値を基に住宅の賠償金を算出しているが、新居購入には足りないケースが多い。このため、新居を確保できる水準に賠償額を引き上げるほか、賠償の終了時期(終期)を決めると同時に一括で支払って生活資金の確保につなげたり、賠償総額の見通しを示したりすることで、自立を促す。

 一方、除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設は「費用の確保を含め国が万全を期す」として1兆円規模の建設費に国費を投入する。財源については「復興財源は使わず、エネルギー施策の中で追加的・安定的な財源確保に努める」とし、電気料金に上乗せされている電源開発促進税を軸に検討する。事故処理費用を東電に負担させるとしてきた方針の転換となり、議論を呼びそうだ。
************
大熊町の友人は、毎日新聞を買いに走ったそうです。
「胸がドキドキして、正常な気持ちでは読めなかった」とのこと。
かなりの負債を抱えている企業や商店は、
住宅の賠償金程度では生活再建はできないとポツリ。
暮らしの再建は、はるか遠くのようです。
スポンサーサイト

| ┗放射能汚染 | 03:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

第二のチェリノブイリ

原発立地町は、第二のチェリノブイリに成るのは当然です。こんな狭い列島に、50基もの原子炉を造る等はクレージーだったのです。しかも50年も使い古した中古品の欠陥品でしょう。原発を誘致するには、その覚悟が必要だったのです。足尾銅山では、現在でも立ち入り禁止地域が有るそうです。残念だが、汚染された地域は古里を離れるしか有りません。その移転費用は、原発で恩恵を受けた京浜地区(東京都民)が負担するのが自然でしょう。第二原発も廃炉にすべきです。

| 半杭正幸 | 2013/11/02 08:41 | URL | ≫ EDIT

Re: 第二のチェリノブイリ


半杭正幸様
コメント感謝。
他の災害とまったく違う原発事故の悲惨さを
長い間体験し続けていく福島県
もっとも美しく、もっとも優しい人々が暮すこの地が
選ばれたことの意味をいつも考えます。

| Sakaino Komeko | 2013/11/03 04:00 | URL |

こんにちは。

二本松市の和さんです。
今日、福島市のフォーラム福島で上映している
「飯舘村」のドキュメンタリー映画を見てきました。

東京や県外で見るのとは違い、
福島県に生きて、福島の人たちと見るので、
心につきささるものがありました。

| 和 | 2013/11/03 20:04 | URL | ≫ EDIT

Re: こんにちは。

和さま
コメント感謝
あの震災いらい
「ふるさと」の歌や「花が咲く」の詩など唄うと、
涙がとまらなくなります。
心が痛くなります。
先日、飯舘村の友人と一緒にいたとき、二人で泣いてしまい、
私だけではないとわかりました。

| Sakaino Komeko | 2013/11/04 15:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2654-3babbda5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT