境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮設住宅「なんじょすっぺ」

小高区から、南相馬市鹿島区の仮設住宅に避難している、藤島昌治さんの詩集「なんじょすっぺ」から
「仮設住宅」

誰か
ここから出してくれませんか

あと どの位居ればいいのですか

もう かんべんしてはもらえませんか

コンビニの弁当に
カップのみそ汁
何があったわけでもなく
何があるわけでもなく

ただ 今日が終わる
焼酎のお湯割りに
愚痴をかき混ぜて
寂しくなんかないさ と
つぶやく 独り言

ボクはもう年をとりました

藤島昌治
スポンサーサイト

| ・大災害 | 03:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

藤島昌治氏へのお言葉いただけませんか

詩集「なんじょすっぺ」に関連してのお願いです。
自分の妻が世話人をしている「日本の伝統食を考える会 東京連絡会」が仮設の壁に貼られていた藤島さんの詩に感銘して4年前に自費出版したのが「なんじょすっぺ」です。恐る恐る千冊を刷ったのですが存外に関心をいただきなんと五千冊もが全国に広がりました。
彼と同様に福島原発事故に憤って地元支援にもがんばってこられた境野さまから彼に一言をいただきたく、あつかましくもお願いするしだいです。
実は、次の土日に現地を訪問して仮設住宅から出られた(追い出された)人々と歓談する際に藤島さんへの慰労会を催します。その会で同じ苦労をされてきた方からのメッセージを彼に紹介することが、彼にとっての何よりのねぎらいと励ましになると考えております。
また彼の詩集をお読みになった方々をご存知でしたら、その方に事情をお伝えいただいて「お言葉」をメールにてお寄せいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

| 栗原春樹 | 2016/07/20 22:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2836-d830d818

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT