境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

輸入野菜の残留農薬

パプリカから農薬、基準値以下

・パプリカ...5点
・オクラ......4点
・アスパラ...4点
・セロリ......2点
テスト結果
○残留農薬
 70種類の農薬をテストした結果、15点中1点
(パプリカNo2)からピリダベン0.35ppm、ピ
リプロキシフェン0.05ppmが検出されました。
 パプリカは、食品衛生法にもとづく残留基
準は「ピーマン」の分類となり、ピリダベン
とピリプロキシフェンの基準値はともに3
ppmなので、基準値を下回っていました。こ
の2つの農薬の用途は殺虫剤です。
表示
 JAS法の生鮮食品品質表示基準に従って、適
正に表示されていました。すべてのテスト品に
おいて、名称と原産国の表示がありました。原
産国表示は、店頭表示をしていたものが1点
(No4)
、そのほかは包装やラベルなどに個別
に表示してありました。
 6カ国から輸入されており、パプリカは韓
国2点、ニュージーランド3点、オクラは4
点ともフィリピン、アスパラはメキシコ3
点、ペルー1点、セロリは2点ともアメリカ
でした。
http://www.do-syouhi-c.jp/test/kira86nouyaku.pdf
スポンサーサイト

| 安全性 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/2837-e53adaa7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT