FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしの力は弱いところに完全にあらわれる

「ところが、主が言われた。『私の恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる』それだからキリストの力が私に宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう」(Ⅱコリント 12:9)

今日の聖句は、
使徒のパウロの肉体に与えられたとげ、たぶん痛みがある病なのでしょうか。
その病を、痛みを取り除いてほしいと、三度も主に祈ったのに対して、神が答えたのが上記の聖句です。

痛み、傷、つらさ、苦しみ、後悔、それら私たちを襲う思い出したくない不幸の数々、神はそれらを取り除いてくれるのではなく、その中にこそ、主がいるのだという教え。
その教えを信じて生きていきましょう。弱さを、つらさ、苦しさを誇りにして生きていきたいものです。

今日は立春。春はもうすぐそこですが、
明日はまた大雪の予報です。もどかしいですね。待たれます。

大熊町から郡山に避難している鈴木二郎さんのところで、飯館村・愚真会のそば打ちがあり、参加してきます。
鈴木二郎さんは、80歳をこえていても、元気いっぱい。
郡山の避難している仮住まいに、そば道場を作り、「昔のことは昔のこと。いつまでもごちゃごちゃしてられない。楽しいぞい」と会うたびに、こちらが励まされます。
また昨日は、大玉村の老人会で講演させていただきましたが、大熊町から避難している85歳のおばあちゃん
「退屈だし、夫も何もすることがないので、詩吟を習うことにした。これから初めてのれんしゅうです」と言われました。
モーセは、80歳の時に神から与えらえた仕事がエジプトから民を連れ出すことでした。80歳からでも、85歳からでも決して遅くないと話してきました。がんばっぺ!!

スポンサーサイト



| ・毎日読む聖書 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/3001-d4e2e2cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT