境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牛肉アレルギーとショック死

 牛肉アレルギーを持つ人は、抗がん剤「セツキシマブ」(商品名アービタックス)の投与でアレルギー反応を起こしやすいことが、島根大の研究で分かった。

牛肉とセツキシマブの双方に含まれる成分が原因で、投与された患者がショック症状で死亡した例もある。製造販売元のメルクセローノ(東京都)は、添付文書の改訂による注意喚起などを検討している。

 牛肉アレルギーは、食べてから数時間以上たってじんましんなどの症状が出ることが多い。国内の発症者数は不明だが、野外にいるマダニに刺されると牛肉アレルギーになることが最近、明らかになった。マダニによる感染症が多い地域では成人の約10%が抗体を持つとの推計もある。
スポンサーサイト

| 健康情報 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/3084-6bd19a0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT