境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅干し、検出せずでした

梅雨が明けて絶好の梅干し日和。
大小さまざまな梅ですが、干し終えた梅を測定所で検査しました。
今年も「検出せず」でした。0806梅干し2
00806梅干し
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:22 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/09/27 14:14 | |

Re: 内部被曝を防ぐ食事作りについて

さぞご心配なことでしょう。私も、チェルノブイリ原発事故の時が子育ての真っ最中で、帽子をかぶせたり、フランスのチーズや紅茶の共同購入を止めました。そのフランスも、ベルギーも、いまなお、原発事故の影響で、日本から積み戻されるような事態が続いています。長く、長く影響は続くのです。
さて、食材をかなり遠方から取り寄せておられるようですね。福島の私たちの暮らしも5年たってかなり変わってきました。私たちは、ほとんどの食べものを測定所に持ち込んで測ってもらっています。畠のの野菜で、検出されたものはありません。これは検出限界値が10㏃なのですが、知人に頼んで時々ゼロレベル測定もしてもらいますが、「ゼロ」との結果に少し胸をなでおろしています。2歳から6歳の孫たちが5人いますが、それぞれ、横浜や海外に暮らしているのですが、休みごとに遊びに来る孫たちに10㏃なんてとんでもない!ゼロでないとの強い思いは変わりません
現在セシウムが検出されるのは、キノコ、山菜、たけのこなど限られてきています。キノコ、山菜、たけのこなどは、結構遠いところでも危険性が高いと考えておく必要があると思います。
他のものは、1時間水につけておく必要はないと思います。ただ、土にはセシウムはあるのです。事故後、私は土付き野菜は極力買わないようにしていますが、家の中にセシウムを持ち込むのを減らしたいからです。泥がついたものなら、1時間水につけておく必要はあるかと思います。臨機応変で暮らすしかありませんね。暮らしに潜む危険は、セシウムだけではありません。農薬の問題、海外で暮らす娘はPM2.5に悩まされ「セシウムのほうがまし!」とまで言うようになりました。幼稚園での野外活動や散歩も制限され。公園に出せない日が長く続くと気が滅入るようです。
結局、すべてを支配されている神に祈るしかない、とクリスチャンの私は思うわけですが。神は萩原貴子さんのなさっていることをすべてご存じで、一所懸命にくらされていることをご存知です。かわいい子供とご主人と、家族皆が仲良く暮らすことをかみは 望んでおられます。私も祈ります。貴子さんも、どうぞ祈ってお食事することをおすすめします。自分のできることは小さなことなのです。大きな力に頼ることも大切かなと思えるこの頃です。

| Sakaino Komeko | 2016/09/28 09:25 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/09/28 21:45 | |

漬け置くのに使用する水について

境野様

度々の質問、失礼いたします。茹でこぼしたり、塩水に漬けたりする際のお水ですが、水道水でも大丈夫なのでしょうか?文科省の調査によると、東京都の上水は日本で1番汚染されているようで気になります。
http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/12000/11062/24/194_20160602.pdf
神経質なのかもしれませんが…
境野さんならどのようにお考えになりますか?

| 萩原貴子 | 2016/10/03 16:09 | URL |

Re: 漬け置くのに使用する水について

今体調を崩していて、返信を十分に書くことができません。お許しください。
我が家は、湧水で暮らしているので、水は生命線です。何度も測定してきましたし、初期のころは、セシウムを取る浄水器を、横浜の娘のところにも取り付けました。飲んでおいしくない水は、最低ですね。娘はいまだにカートリッジを取り換えながら使っています。では、市販水はどうなのか。実は、セシウムの測定は義務付けられていません。地下核実験しているところの水なのに・・・・
セシウムに関しては、水道水はOKですが、その他の成分については、それぞれの水源との関係で、ずいぶんと違ってくると思います。味がまずい、においが強いなど、気になるようなら、浄水器をお付けになるのがいいのではと思います。

| Sakaino Komeko | 2016/10/09 17:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/3261-a53ef43f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT