境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたらしく、いきるために

 SDA福島キリスト教会が、福島の地に根を下ろして70年。70年間、教会が歩んでこられたことのお礼をしたいと、神戸アドベンチスト病院名誉院長の山形謙二氏をお迎えして「現代における生と死のあり方:ホスピス医療の現場から」と題する講演会を、7月16日10時から、福島市のアオウゼ(AOZ)多目的ホールにて開催いたしました。
 公的な場所で開催する、一般市民に広く呼び掛けるなど、大きなポスターや色鮮やかなチラシを作り、マスコミにも宣伝をお願いするなど、これまで教会で取り組んできた講演会とは違う取り組みをいたしました。
講演は、ホスピス医療の現場で山形氏が立ち会ってきた多くの患者さんの肉声に涙しながら、「いのちの最期の瞬間まで、あなたらしく生きることが大切」「過去を変えることはできないが、過去の関係は変えることができる」「最大の苦しみは孤独」など、示唆に富む言葉に励まされ、思いがけない病気や死にあっても希望をもち、向き合っていける力が与えられたように思います。
会場には、150名を超える市民が参加してくださり、熱心に聴講していただきました。
かんしゃのきもちでいっぱいです。ありがとうございました。

f="http://blog-imgs-112.fc2.com/k/o/m/komekosk/201707180649395fb.jpg" target="_blank">a_004 (360x240)

ぜんじつの朝日新聞のきじです。これをよんで参加してくださったかたもおおく、こえをかけていただきました。かんしゃです。


a_006 (360x240)
スポンサーサイト

| ・講演・イベントのご案内 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/3305-3a91f7c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT