FC2ブログ

境野米子の自然暮らし

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古民家の夏の風景

[:おてんき:] 古民家のある夏の日の風景 [:おてんき:]

 



 愛犬のコイタロウも一緒に玄関で・・





 土壁の玄関。一輪の紫陽花が出迎えてくれます。





 東側から見た古民家・・



 囲炉裏は夏でも大活躍・・





廊下の天井から見た風景・・



娘の友人のMsakoさんが撮影してくれました。感謝。
スポンサーサイト



| ┗古民家 | 18:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

うらべに様



打ち出の小槌は骨董屋で見つけ、「楽しそう」と思い購入。ところが「金権主義で嫌らしい」と言う人もおりました。また足を囲炉裏の中に入れる方式ですが、海外からのお客さんや正座ができない人にも、と思って作ったのですが、「これではダメ。囲炉裏の熱が部屋に行き渡らない」と叱られ、「床から15センチ下まで灰を入れろ」と勧められているところです。世の中色々なのですね。悩ましいことです。

| meme | 2008/08/08 09:08 | URL | ≫ EDIT

No title

画像を見ていたら、囲炉裏の自在鍵が打ち出の小槌なのでしょうか?

魚類のは良く見かけますが、小槌は珍しいですね。

この囲炉裏、雑誌で見て覚えているのですがふん込み式(と私の里の方では言っていました)足を囲炉裏の中に入れる方式ですよね。

お座りやあぐらで囲む囲炉裏が多いですが、これは足がしびれず、暖まって具合が良いでしょうね。

| うらべに | 2008/08/08 00:15 | URL | ≫ EDIT

No title

お宅にお邪魔したのが、これで2回目です。思えばこの年になって2度も友人の実家に泊めてもらうことは、なかなかないものです。それも、囲炉裏がある茅葺屋根のお家です。



ご家族の皆さん一人一人が、私を家族の輪の中に迎え入れて下さり、私はすっかり溶け込み、くつろいでしまいました。遠く離れ離れになってから8年ぶりの再会。その距離と時間を感じさせないような何かがそこに流れているような感じがしました。



素敵な友人に恵まれていること、遠方に出かけるゆとりが与えられたこと、温かいご家族の輪に混ぜてもらったこと。全てが感謝です。ありがとうございます。









| | 2008/08/06 11:53 | URL | ≫ EDIT

No title

うらべに様



この家も養蚕農家でした。屋根も床もボロボロでした。また、かなり改造されていましたが、壁も落として柱だけにして、改築しました。柱も腐っていましたが、腐ったところだけ取替えれば、いくらでも修復できると学びました。この家も、あと200年は生きるそうです。どうぞ大切にしてください。また、毎年1回、5月ごろオープンハウスで家を開放しています。このブログでお知らせしますので、どうぞお出かけください。



| meme | 2008/08/05 10:25 | URL | ≫ EDIT

No title

いつの日か、お伺いしたいです。

我が家は養蚕農家の作りですが、改造してあって趣きに欠けます。

| うらべに | 2008/08/04 23:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komekosk.blog55.fc2.com/tb.php/85-9e7e2100

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT